読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドライフライな男

40過ぎの釣り好き男が、おっさん目線で男の悩みを検証します。

ドライフライのハックル

ハックルケープ

f:id:maimaimaim8282:20160703104823j:plain
ドラ夫です。ドライフライといえばハックルです。ドラ夫はコックネックを使います。グレードは上から3番目。ホワイティングで言えばプログレードです。このグレードでもケープには使えるハックルが結構あります。価格はそれなりですが、サラリーマンが釣行に行くのであれば何年使っても大丈夫でしょう。何百本もフライを巻くのでなければ十分使えます。ちなみに上からシルバー、ブロンズ、プログレードとなっています。
ドラ夫はコックネックしか持っていませんが、均一のファイバーがストークになが~く付いているのがサドルです。これであればドライフライが大量に巻けてしまいますから、好みでサドルも選択肢にあげてもいいでしょう。


使いやすいハックル

  • ストークが細い

 いわゆる羽状になっている枝の部分です。フックに巻きつけますから細いほうが扱いやすいです。

  • ファイバーが揃っている

 ハックルにして立つ毛です。この部分がフックのゲイプ(曲がってできた幅)の1.5倍程度。その揃った部分が長いほどフックに巻きやすいです。

ショップによってはハックルを購入するときにパッケージを開けて見せてくれることがあります。¥10,000ー前後しますから購入には十分に時間をかけて選別しても良いでしょう。

保存方法

実はダニがついたりします。たまに虫干しするか、防虫剤を入れるかしないと大変気持ちが悪いことになっていしまいます。

ハックルはドライフライの重要なマテリアルです。良いハックルを持っていると安心してフライがタイイングできますよ。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村