読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドライフライな男

40過ぎの釣り好き男が、おっさん目線で男の悩みを検証します。

ドライフライで釣るためにいい方法はありますか?

ドライフライならロングリーダー・ロングティペット

ドラ夫が画期的に釣れるようになった方法はロングリーダー・ロングティペットです。読んで字のごとく、リーダー・ティペットを長く取る方法です。
そのために扱いやすいロッドも必要になります。ドラ夫が度々言っています#3、8’3”はおすすめの長さだということは確かだと思います。キャスティング、メンディングのしやすさはこの長さならではです。



icon
ロッドが長いと感じたら、しゃがむなどして障害物をかわすことも可能です。8’3”より短いロッドだとメンディングに難儀を感じることがあるでしょう。
ドライフライをするなら圧倒的に優位な長さは8’3”ではないでしょうか。
メーカーはたくさんありますが、国産のもので良いと思います。それが高いか安いかは問題ではなく、日本の渓流を考えて設計されているかということを重視したほうがよいでしょう。メーカーそれぞれの思惑はありますので、アクションに違いはあるのは確かです。
自分にあったコンセプトのものを購入するのがいいと思います。

流れの向こう側、流しにくい障害物の下ではいい魚が入っているものです。

ドラ夫は初期の頃、流しにくいところにフライを入れてませんでした。と言うより入れられなかったんです。ロングリーダー・ロングティペットは実は結構面倒くさいシステムです。ドラ夫はいまだにこんがらからせるトラブルを起こします。
キャスティングもちょっとしたコツが必要になります。フライキャスティングではタブーとされている手首をちょっと使います。金槌を壁に打つくらいの動きがかなり近いと思います。



キャッチ&リリース ポチッ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村