読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドライフライな男

40過ぎの釣り好き男が、おっさん目線で男の悩みを検証します。

北海道のヤマメ

北海道のヤマメは8月いっぱいまでがいい季節

ドラ夫です。北海道のヤマメはこの時期が一番いい時期です。産卵を控えオスもメスも栄養をしっかり取らなければならず、捕食行動も活発です。大型のヤマメを狙うにはこの時期を逃すと、一年待たなければならないでしょう。9月上旬まではまだありかな。それ以降はサビが入りますので、写真に収めてもちょっとキツくなるでしょう。


ドライフライで釣るのが最高

ドラ夫はもちろん、ドライフライで狙います。パターンはあまり関係ありません。テレストリアル、メイフライ、カディス。その場に応じて手を換えていきます。
大きな個体は頭もいいです。簡単にフライを咥えてくれません。できるだけ長くナチュラルドリフトするように考えます。そのためには、ロングリーダー・ティペットを使います。リーダーは12フィート。その先に6~8フィートのティペットを足します。さすがにその長さではキャスティングが難しいです。更に流すポイントをきわどいところにしないとヤマメは出ません。
要するに、

  • フライはほぼ何でもいい。
  • ナチュラルドリフトを長く維持させることを考える。
  • きわどいところを流す。

上記に気をつければ、きっといいフライフィッシングが楽しめます。