読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドライフライな男

40過ぎの釣り好き男が、おっさん目線で男の悩みを検証します。

ドライフライが沈みますがどうしたら良いの?

ドライフライを長時間浮かせたい。

ドラ夫です。ドライフライは浮いてないと意味がありません。ですからフロータントを使います。フロータントには何種類かあります。

  • リキッドタイプ…液体のフロータント。フライをドバっと瓶の中に入れ、振り回して乾かすと浮力が持続します
  • パウダータイプ…ティムコのドライシェイクが代表的です。これも基本的に容器の中にフライを入れて、揚げ物のパン粉状態にします。軽く指でもんでフライになじませると持続力が増します。
  • ジェルタイプ…チューブに入っている状態です。まず指に出して体温で温め、柔らかくし、フライになじませます。ティペットにも塗るとメンディングがしやすくなります。


フロータントの使い方

ドラ夫はフロータントを幾つか使います。ジェルタイプのドライマジックをまずフライにつけてから、今度はドライシェイクをまぶします。ここまですれば持続力が更に増します。
タイイングの時、ボディーにあらかじめドライシェイクをなじませるのもありです。


フライは乾いていると浮きます。

乾いたものは浮きやすいのは当たり前の理屈です。湿ったら乾かす。それが一番です。フライカチーフというものも存在します。フライを乾かず布です。ドラ夫はお金をかけずにティッシュで水分を取り除きます。
ということで多分、今上げた全部の方法をほとんどのフライフィッシャーなら実践していることでしょう。