読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドライフライな男

40過ぎの釣り好き男が、おっさん目線で男の悩みを検証します。

北海道と言っても広いですが、どこに行けばいいでしょうか?

北海道でおすすめポイント

ドラ夫です。北海道でドライフライをするなら、道央か道東がいいのではないでしょうか?
道央なら新千歳空港、道東なら女満別空港からレンタカーを借りるっしょ。そこからは車の移動が圧倒的に楽ですね、釣りなら。
道央でおすすめは札幌から1時間くらいの距離の尻別川。車から見て河原に降りやすいところから歩いてみるのがいいでしょう。支流も釣りやすく意外ないい魚が付いていることもしばしばです。
道東は標茶の西別川です。ここはですね、別世界。スプリングクリークという湧き水の川なんです。雨が降っても増水せず、濁りもない。バイカモの下からかわいい渓魚が出てきます。ワイルドなレインボーもいますので期待が大きいです。


北海道に潜む危険

北海道で起こりうる危険なんですが、まずは車の運転。道が広く、どこまでも続くのでついついスピードが出てしまいます。スピード違反で捕まるくらいならいいんですが、事故を起こすと一生後悔しかねません。あくまで自分の運転技術を過信せず、安全な速度を保ちましょう。また、道東型事故という言葉があります。信号のない交差点で、通過する同士がお互いスピードを緩めず、相手の一時停止を期待し、かつお互い一時停止をしなかった時に衝突を起こすという事故です。一時停止は必ず実行しましょう。
もう一つの危険は、ヒグマです。ドラ夫はヒグマには一度も遭遇していません。ばったり出くわしたら生命の危機ですから。ヒグマ避けの鈴を必ず鳴らして自分の存在をヒグマに知らせながら歩く必要はあります。
北海道の全域がひぐまの生息域と考えていいでしょう。札幌市内でも出てしまう程ですから、川を歩いている時に出くわしても文句の言いようもありません。



キャッチ&リリース ポチッ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村