読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドライフライな男

40過ぎの釣り好き男が、おっさん目線で男の悩みを検証します。

フライフィッシングのキャスティングがうまくいかない

フライフィッシングのキャスティングは難しいのでしょうか?

フライフィッシングのキャスティングは難しいです。ラインの重みで先端のフライを飛ばす、というイメージです。キャスティングについては参考になる映像もたくさんありますし、プロのフライフィッシャーも多々解説しています。ドラ夫みたいな素人が言葉で解説できるような簡単なものではないでしょう。
でもですね、ことドライフライに限定してみたら、皆さん、どのくらいフライを飛ばせばいいですか?せいぜい長くて10mかそこら、最短で4m~5m先が目指すポイントなんてこともしばしばではないでしょうか。それくらいならなんとかなりそうな気がしませんか?そのくらいの長さなら、正しいフォームを覚えてさえしまえば、しっかりキャストできるものでしょう。



キャスティングの練習方法

広い芝生で練習なんて方法も最初は必要かもしれませんが、基本はフィールドで学ぶのが楽しいでしょう。その際はぜひロングリーダーロングティペットで実践してください。それが普通になってしまえば案外簡単に習得できるのではないかと。
ちなみにロングリーダーロングティペットでは、手首を使ったキャスティングが有効かと思います。フライフィッシングのキャスティングではタブーとされている手首の返しが、ロングリーダーロングティペットの世界ではラインに力を与えるテクニックなのです。金槌を打つような、という表現が良いでしょうか。少しだけ手首を返してみてください。



キャッチ&リリース!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村