読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドライフライな男

40過ぎの釣り好き男が、おっさん目線で男の悩みを検証します。

ドライフライで釣り上がるコツ

釣り上がりという言葉に隠された秘密 ドラ夫です。ドライフライは基本的に下流から上流に釣り上がります。この言葉には初心者を惑わす秘密が隠されています。ドラ夫が「釣り上がる」という言葉に隠された事実を明かしましょう。 魚は常に上流を意識して捕食…

ドライフライで釣れた瞬間の動画

撮影しながら釣るのは結構面倒 ドラ夫です。ドラ夫アクションカムを買いました。超安いやつ、3,980円。バッテリーは弱いし画像も荒い。利点は頭に固定できることと完全防水なことです。で、頭につけてここぞというポイントで撮影しました。それでその動画が…

フライフィッシングって例えばどのように始めたらいいの?

何から始めたら良いか ドラ夫です。フライフィッシングを始めようとしても、何をどうしたら良いかわからない、というあなた。じゃ、例えばこうしたら、ってのを書いてみますね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); フライフィッシングの道…

釣れない、ことはない

少しの工夫 ドラ夫です。フライフィッシングをしていて、最初の頃は釣れませんでした、正直言って。でもって、簡単に釣れる川は無いかと情報ばかり集めたりもしました。でもね、それだけでは釣れないんです。釣るためにはそれなりのテクニックが必要です。ド…

支流って好きですか?

本流より釣りやすいかもね ドラ夫です。ドラ夫がよく行く川は支流です。本流より規模が小さいのでポイントを探しやすいのです。支流だからといって、決して魚体が小さいものばかりってことはありません。しっかりとしたサイズを釣ることが出来ます。 (adsbyg…

フライフィッシングのポイント

まずはどこに行ったら良いかがわからない ドラ夫です。初歩的な悩みです。ドラ夫もそこに悩みました。フライの道具を揃えて、どこに行くか。ドラ夫がオススメするのはまず、名のしれた川です。なるべく有名な川。例えば北海道なら、道央の尻別川。なぜなら、…

フライフィッシングで比較的釣りやすい魚

釣りやすい魚種はいます。 ドラ夫です。ドラ夫が住む北海道にいるフライフィッシングで比較的釣りやすい魚種はなんと行ってもイワナです。 イワナはヤマメほど警戒心が弱く、一度フッキングしそこねても再度フライをうまく流してやればフライを咥えてくれる…

フライでまず最初の魚を釣る。

本当にフライで魚が釣れるのでしょうか? ドラ夫です。ドラ夫ね、最初にフライで魚を釣ったのは支笏湖のアメマスです。6月、天気のいい支笏湖畔には無数のアメマスが集まっていました。ドラ夫は、出来合いのドライフライで20cmくらいのアメマスを釣ることが…

フライフィッシングで魚が釣れるポイント

魚がいるところがわかりません ドラ夫もね、最初どういうふうに魚を釣っていいかわかりませんでした。今でもそういう時ありますが。でもってポイントを探すんです。 // まずどこへ行こうか決めかねる。 大きく言ってしまえば、北海道がいいのか東北がいいの…